瀬戸内しおかぜの会

岡山という目立たない地味な片田舎で、地道でも人々の『心』に訴えて、一緒に考えてもらえる活動を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

拉致被害者救出1,000万人署名活動を実施

7月15日(日)に岡山駅前にて、拉致被害者救出の署名活動を実施しました。

正に梅雨の中休みにふさわしい良い天気となり、雨の心配も必要なかったです。
汗はたっぷりかきましたが…。

今回は頑張れ日本!全国行動委員会岡山が協賛で加わってくれ、総勢13名での活動になりました。
常連になりつつある人もいるし、今回新たに仲間に加わってくれた方もいます。

この日は全体的に通行人がいつも以上に疎らに感じましたが、今回も10代や20代の若い人たちが多く協力してくれました。
特に中高生の子たちの協力ぶりや関心の高さは目を見張るものがあり、参加者の報告によれば「ちょっと考えてから署名します」と言った子もいるそうです。
「考える」という事は自分でネットで調べるだろうし、親御さんとも話しをするでしょう。
その結果が署名に至らなくとも、その子と周りの大人が拉致事件について考えてくれるだけでも、この活動をやった甲斐があろうというもんです。

また、私の拙いスピーチに立ち止まって耳を傾けてくれて、わざわざ戻って署名に協力してくれたご婦人もおられました。
「頑張ってください」と応援の声も聞かれ、この問題もかなりの人たちに認知され続けているのではないかと思います。

途中で地元放送局のスタッフが機材を抱えて通りがかったので、応援の意味も込めて「是非この問題を大々的に取り上げてください」と言っておきました。
もちろん、彼らは聞こえないふりをして通り過ぎましたが、彼らが仕事を終えて再び通ったので再度“お願い”をする事に…。
ま、いつかは放送しなければならなくなるでしょう。

そんなこんなでマイクを使って1時間、その後肉声で1時間の計2時間、参加者の皆さんもそれぞれに呼びかけを続けてくれて、無事に活動を終える事ができました。

署名は最終的に100筆のご協力を得る事ができました。

2時間やっての結果ですが、私を含めて主催者側に訴え方や呼びかけ方法に問題がなかったのか、今一度当日の動画を見ながら検証します。
今回の反省材料を、必ず次へ繋げる為に…。

チラシは400セット用意しましたが、約300セットを配布できました。
私の活動ではティッシュを添えませんので、配布した皆さんの実力がそのまま数字になって現れた格好です。

チラシを配る際に、子供たちには「お父さんやお母さんに読んでもらってね」とか、「学校の先生と一緒に考えてね」などと申し添えておきました。

参加された皆さん、たいへんお疲れさまでした。
また、メール等で応援してくださった皆さんも、どうもありがとうございました。

今後もできるだけ、月に1回は署名活動をやっていくようにします。


余談ですが、こっそりと私を隠し撮りしていると思われる、帽子を被った壮年の男がいました。
私がそれに気付いたと思ったのか、そそくさとビックカメラの店内に入りましたが、もう1人遠くに座っている坊主頭の男も同じタイミングで店内へ消えました。

それが誰であるのか、どういった目的であるのかは知りませんが、あまり気持ちの良いものではありません。

ま、私も他のデモ行進の記録をやっていますので、特に妨害をしてくるでもない彼らに「肖像権の侵害だ!」とか「このデモに賛成しないなら撮影するな!」などと高圧的かつ非常識な因縁や言いがかりをつけたりしませんし、まさか署名の強要等は人間として恥ずかしくてできません。

よもや私や参加者に何か危害や圧力を加えたりする事はないだろうし、盗撮した動画をおかしな事に悪用したりもしないでしょうが、法を犯す行為をされた際には『法治国家』としての対応を執るようにします。
我が国はどこぞの国や民族のように『情治(痴)国家』でなければ『事大主義』でもありませんから、ごく一部存在する『我らが全て正義』という人たちの考えなど、まかり通るはずもないのです。
スポンサーサイト

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/07/18(水) 02:27:47|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亜細亜平和宣言

去る6月23日に催行した『6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま』で発表した、宣言文の全文をここに掲載します。


●亜細亜平和宣言

 我が日本は昭和18年に、
一、 大東亜各国は協同して大東亜の安定を確保し道義に基づく共存共栄の秩序を建設す
一、 大東亜各国は相互に自主独立を尊重し互助敦睦(ごじょとんぼく)の実(じつ)を挙げ大東亜の親和を確立す
一、 大東亜各国は互恵(ごけい)の下、緊密に提携し其の経済発展を図り大東亜の繁栄を増進す
との『大東亜共同宣言』を発し、亜細亜各国の自主独立、亜細亜各国提携による経済発展、亜細亜人種差別撤廃を謳い、亜細亜全域の植民地支配を進める白人至上主義の欧米列強と戦った。
 
 白人から見ればアジア・アフリカ人は猿以下の存在であり扱いであった。500年も続いた白人による亜細亜植民地支配に敢然と立ち向かったのが吾等日本人であった。
 日本は戦いには敗れたが、日本精神を受け継いだ亜細亜諸国は大東亜戦争後に次々と独立を果たし、ここに欧米列強による植民地支配は終止符を打ち、亜細亜に平和と自由をもたらした。

 日本が多大な犠牲を払い勝ち得た亜細亜の平和と自由であるが、しかし、現在では、欧米列強による植民地支配に代わる新たな脅威が発生している。それは、中国による武力侵攻の脅威である。

 中国は他国へ侵略し、領土を奪い、国民を虐殺し、弾圧し、人権を侵害し、その国の自由と平和を奪い支配し、一切の自由を奪い、逆らうものは虫けらのように殺し続けているのである。

中国は現在、チベット・ウイグル・南モンゴルの各国を、暴力と恐怖で支配し続けており、覇権主義の刃は、台湾・ブータン・ベトナム・フィリピン・インドへ向けられ、領土を侵略し自国に取り込もうと狙い続けている。

 我が日本も中国の脅威に晒されており、沖縄は中国の領土であると主張し、その実効支配を着実にせんと、まずは尖閣諸島を武力で支配しようと挑発行為や領海侵犯を繰り返している。

 中国の覇権主義の脅威は、亜細亜の平和と自由を乱すものであり、亜細亜の安寧秩序の為、南北朝鮮を除く亜細亜諸国は一致団結し、中国の覇権主義と全面対抗する時がきたのである。

 我が日本は、中国の侵略に備え軍備を増強し、軍事・経済両面で亜細亜の中心となり指導的立場に立ち、八紘一宇の精神で南北朝鮮を除く亜細亜の繁栄と持続的な真の平和と自由の実現の為に、全力を尽くすことを、ここに宣言する。

平成24年6月23日
6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま 参加者一同
  1. 2012/07/12(木) 04:58:46|
  2. 表明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人差別撤廃宣

去る6月23日に催行した『6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま』で発表した、宣言文の全文をここに掲載します。


●日本人差別撤廃宣

我々の先人は、亜細亜を欧米列強による植民地支配から解放する為に多大なる犠牲を払いに戦い抜いた。戦いには敗れたが、戦後、多くの亜細亜諸国が独立を果たした。日本が戦った大東亜戦争は紛れも無く聖戦であった。大東亜戦争を戦い抜いた日本人はそのことに誇りを持つべきである。

しかし、戦後、国内外の反日売国勢力が、「日本は亜細亜諸国に侵略戦争を仕掛けた」と、近代史を捻じ曲げ喧伝し、日本の誇りと国益を喪失させ続けている。

朝鮮人は「強制連行」「強制労働」「従軍慰安婦」などと次々と根拠のない架空の物語を創作し、有りもしない朝鮮人差別を捏造し、「人権・差別」を錦の御旗に掲げ、その類い稀な暴力性を遺憾無く発揮し、行政機関を恐怖で支配し、日本人以上に優遇された社会保障制度を勝ち取り、日本人の血税を毟り取っているのである。

行政による朝鮮人優遇制度は、日本人に対する差別以外の何ものでもない。主権者たる日本国民より、不法入国者とその末裔である在日朝鮮人をなぜ優遇する必要があるのか。
行政は、朝鮮人の「人権」を尊重はするが、日本人のことは差別し人権を侵害しているのである。
行政による日本人差別は、何も朝鮮人優遇制度だけではない。部落同和優遇制度も同じである。
部落同和地区に住んでいるというだけで、様々な優遇制度を受けられる措置が長年続けられてきた。これは部落同和地区のみを優遇する行政差別政策である。

同和団体にはある種の「警察権」や「裁判権」をも付与され、「差別行為があった」という被差別者の証言だけで、その差別者を「糾弾会」へ強制的に呼び出し身柄を拘束し、一人対大人数で長時間に渡り大声で罵倒し続け糾弾し、差別者の人格を破壊し正常な判団力を失わせ、解放同盟の言いなりにその「罪」を認めさせるという恐ろしい私刑が行われてきた。想像を絶する凄まじい糾弾会により人格が破壊され自殺したものも多くいる。

人権団体であるはずの同和団体であるが、部落民以外の人権は全く尊重しないとう矛盾に満ちた団体である。また、同和団体は朝鮮人や暴力団と結託し数々の重大事件を起こしてきた。しかし、自らが起こした事件について反省することはない。
 同和団体は人権をチラつかせ背後にある圧倒的な暴力を見せつけ、それに恐怖した行政は解放同盟に屈しあらゆる優遇制度を与え続けてきたのである。

朝鮮人への優遇制度も、同和優遇制度も同じである。行政が暴力に屈し、差別解消の為の努力を放棄し、金で済まそうとした行政の怠慢の結果生まれた悪しき制度である。

朝鮮人や同和に対する優遇制度は、行政による真正日本人差別であり、憲法14条にある「法の下の平等」に反する行為である。朝鮮人差別があろうが部落差別があろうが、行政が被差別者を優遇し真正日本人を差別することは許される行為ではない。

また、現在政権を握っている民主党と法務省が結託して、多くの真性日本人から猛烈な反対の声が上がっているにも拘らず、『人権救済機関設置法案』を無理やりにでも押し通そうとしている。
これは「差別されている」とされる人々や、「差別され続けねばならない」人々にとってのみ有利な極めて危険な言論弾圧・思想弾圧法案であり、我々真性日本人はこの法案そのものと画策する勢力を徹底的に粉砕、根絶やしにするまで絶対に諦めない。

我々真正日本人は、行政による真正日本人差別を完全撤廃するまで、行政闘争を繰り広げ、断固闘い抜くことをここに宣言する。

平成24年6月23日
6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま 参加者一同
  1. 2012/07/12(木) 04:54:51|
  2. 表明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月15日 【岡山】拉致被害者救出1,000万人署名

拉致被害者救出1,000万人署名に協力する活動を岡山駅前で行います。
腰抜け政府の尻を蹴飛ばしてでも全力で拉致被害者を全員救出するのは、被災地復興と同様に日本国民が全力で取り組まねばならない重要課題です。

被害者のご家族も高齢になられ、残念ながら我が子に会えずに旅立たれた方々がたくさんおられます。
現在活動を続けておられる方々にも、もう残された時間は少ないのです。

拉致事件は政治の体たらくやマスコミの問題等も原因ではありますが、それ以上に我々日本国民の多くが『無関心』であったのが最大の原因です。

世の中の人々に訴えると当時に、まずは我々がもっと行動しましょう。
マスコミが「報道しない」でなくて「報道させる」ようにしましょう。

暑い中、貴重な休日に街頭に立っての活動はしんどいと思います。
でも、それ以上に永年に亘って北朝鮮の地に捕われたままの人たちは、
我々には想像もできない肉体的、精神的な苦しみの中におられます。

拉致被害者を救うのは我々日本国民です。

我々は祖国日本の主権者であり、当事者であり、そして最終責任者です。



         記

日時:平成24年7月15日(日) 14:00~16:00


場所:岡山駅東口(噴水や路面電車がある側)
   ビックカメラ岡山駅前店前歩道


主催:瀬戸内しおかぜの会 (代表 藤井和宏)
   電話 090-8246-6094  メール setouchishiokaze@gmail.com
   ブログ http://setouchishiokaze.blog.fc2.com/


協賛:頑張れ日本!全国行動委員会岡山
   http://ganbarenippon.kir.jp/


備考:署名活動中は主催者及び現場警察官の指示に従ってください。

   2時間の長丁場になりますので、各自で暑さ対策や健康管理をお願いします。

   途中参加や途中抜け、見学や後方支援等、冷やかしや妨害以外は大歓迎です。
   特に後方支援が慢性的に不足しておりますので、是非よろしくお願いします。

   通行人へチラシを強引に渡したり、署名の強要や無理強いの行為は厳禁です。
   いくら我々の思いが強くても、相手に嫌悪感を持たれたのでは全て台無しです。

   妨害行為や言いがかりを付けられた際には、速やかに主催者へ連絡してください。
   特に因縁や挑発行為には、まともに応答しないようにしてください。
   敵に利用されておしまいです。

   雨天時は残念ながら中止します。
   中止のお知らせは当会のブログ、my日本、mixi等で通知します。
   また、直接主催者へお問い合わせくださってもけっこうです。


※7月と8月は瀬戸内しおかぜの会としての活動は休む予定でした。
 しかし、拉致事件だけは絶対に定期的に続けねばとの思いから、今回企画しました。
  1. 2012/07/07(土) 19:00:31|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当会の近々の予定

7月と8月は諸般の事情により、当会主催の活動は原則としてお休みします。

しかしながら、今の我が国の情勢において、のんびり休んでいるというわけにもいかないのが現実です。
これをご覧の方で「何かをやりたい」と思われる方は、是非ポスティンイング活動をやってみてください。
各家庭や企業のポストへチラシを投函していく、個人レベルでできる比較的簡単な護国活動です。

チラシは何を投函しても良いわけでなく、誹謗中傷や真偽があやふやで敵から容易に攻撃されるような内容は御法度です。あくまでも事実に基づいた内容で、読んだ人に正しい情報を「知ってもらう」のが目的です。

マンションやビル等で「チラシ投函禁止」となっている所や、どうしても治安上危険な所もありますので、自己責任において遵法精神に則って安全第一でやってください。
特に極端な早朝や夜間は女性の一人歩きは危険ですし、男性でも絡まれたり犯罪者と間違われたりする恐れもなきにしもあらずですので、細心の注意を払ってください。

デモや街宣といった表立った活動だけにあらず、どのような活動にも大なり小なり必ず危険は伴います。
敵も我々を潰そうと必死になっているし、こちらの正論を素直に聞くような輩でもありません。
言いがかりで警察に突き出されるのであればマシですが、怪我でもしたら護国活動どころではありません。

このような事を書くと恐れおののくかもしれませんが、あくまでも一般論として最低限の常識とし捉えてください。

ポスティンイング活動について詳しくお知りになりたい方は、私まで直接お問い合わせくださってもけっこうですし、私も参加しているSNS『my日本』に登録されると詳しい情報が満載です。

当会としては、7月15日(日)に拉致被害者救出署名活動を実施予定です。
詳しくは後ほど改めてお知らせします。
  1. 2012/07/05(木) 22:28:20|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。