瀬戸内しおかぜの会

岡山という目立たない地味な片田舎で、地道でも人々の『心』に訴えて、一緒に考えてもらえる活動を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亜細亜平和宣言

去る6月23日に催行した『6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま』で発表した、宣言文の全文をここに掲載します。


●亜細亜平和宣言

 我が日本は昭和18年に、
一、 大東亜各国は協同して大東亜の安定を確保し道義に基づく共存共栄の秩序を建設す
一、 大東亜各国は相互に自主独立を尊重し互助敦睦(ごじょとんぼく)の実(じつ)を挙げ大東亜の親和を確立す
一、 大東亜各国は互恵(ごけい)の下、緊密に提携し其の経済発展を図り大東亜の繁栄を増進す
との『大東亜共同宣言』を発し、亜細亜各国の自主独立、亜細亜各国提携による経済発展、亜細亜人種差別撤廃を謳い、亜細亜全域の植民地支配を進める白人至上主義の欧米列強と戦った。
 
 白人から見ればアジア・アフリカ人は猿以下の存在であり扱いであった。500年も続いた白人による亜細亜植民地支配に敢然と立ち向かったのが吾等日本人であった。
 日本は戦いには敗れたが、日本精神を受け継いだ亜細亜諸国は大東亜戦争後に次々と独立を果たし、ここに欧米列強による植民地支配は終止符を打ち、亜細亜に平和と自由をもたらした。

 日本が多大な犠牲を払い勝ち得た亜細亜の平和と自由であるが、しかし、現在では、欧米列強による植民地支配に代わる新たな脅威が発生している。それは、中国による武力侵攻の脅威である。

 中国は他国へ侵略し、領土を奪い、国民を虐殺し、弾圧し、人権を侵害し、その国の自由と平和を奪い支配し、一切の自由を奪い、逆らうものは虫けらのように殺し続けているのである。

中国は現在、チベット・ウイグル・南モンゴルの各国を、暴力と恐怖で支配し続けており、覇権主義の刃は、台湾・ブータン・ベトナム・フィリピン・インドへ向けられ、領土を侵略し自国に取り込もうと狙い続けている。

 我が日本も中国の脅威に晒されており、沖縄は中国の領土であると主張し、その実効支配を着実にせんと、まずは尖閣諸島を武力で支配しようと挑発行為や領海侵犯を繰り返している。

 中国の覇権主義の脅威は、亜細亜の平和と自由を乱すものであり、亜細亜の安寧秩序の為、南北朝鮮を除く亜細亜諸国は一致団結し、中国の覇権主義と全面対抗する時がきたのである。

 我が日本は、中国の侵略に備え軍備を増強し、軍事・経済両面で亜細亜の中心となり指導的立場に立ち、八紘一宇の精神で南北朝鮮を除く亜細亜の繁栄と持続的な真の平和と自由の実現の為に、全力を尽くすことを、ここに宣言する。

平成24年6月23日
6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま 参加者一同
スポンサーサイト
  1. 2012/07/12(木) 04:58:46|
  2. 表明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人差別撤廃宣

去る6月23日に催行した『6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま』で発表した、宣言文の全文をここに掲載します。


●日本人差別撤廃宣

我々の先人は、亜細亜を欧米列強による植民地支配から解放する為に多大なる犠牲を払いに戦い抜いた。戦いには敗れたが、戦後、多くの亜細亜諸国が独立を果たした。日本が戦った大東亜戦争は紛れも無く聖戦であった。大東亜戦争を戦い抜いた日本人はそのことに誇りを持つべきである。

しかし、戦後、国内外の反日売国勢力が、「日本は亜細亜諸国に侵略戦争を仕掛けた」と、近代史を捻じ曲げ喧伝し、日本の誇りと国益を喪失させ続けている。

朝鮮人は「強制連行」「強制労働」「従軍慰安婦」などと次々と根拠のない架空の物語を創作し、有りもしない朝鮮人差別を捏造し、「人権・差別」を錦の御旗に掲げ、その類い稀な暴力性を遺憾無く発揮し、行政機関を恐怖で支配し、日本人以上に優遇された社会保障制度を勝ち取り、日本人の血税を毟り取っているのである。

行政による朝鮮人優遇制度は、日本人に対する差別以外の何ものでもない。主権者たる日本国民より、不法入国者とその末裔である在日朝鮮人をなぜ優遇する必要があるのか。
行政は、朝鮮人の「人権」を尊重はするが、日本人のことは差別し人権を侵害しているのである。
行政による日本人差別は、何も朝鮮人優遇制度だけではない。部落同和優遇制度も同じである。
部落同和地区に住んでいるというだけで、様々な優遇制度を受けられる措置が長年続けられてきた。これは部落同和地区のみを優遇する行政差別政策である。

同和団体にはある種の「警察権」や「裁判権」をも付与され、「差別行為があった」という被差別者の証言だけで、その差別者を「糾弾会」へ強制的に呼び出し身柄を拘束し、一人対大人数で長時間に渡り大声で罵倒し続け糾弾し、差別者の人格を破壊し正常な判団力を失わせ、解放同盟の言いなりにその「罪」を認めさせるという恐ろしい私刑が行われてきた。想像を絶する凄まじい糾弾会により人格が破壊され自殺したものも多くいる。

人権団体であるはずの同和団体であるが、部落民以外の人権は全く尊重しないとう矛盾に満ちた団体である。また、同和団体は朝鮮人や暴力団と結託し数々の重大事件を起こしてきた。しかし、自らが起こした事件について反省することはない。
 同和団体は人権をチラつかせ背後にある圧倒的な暴力を見せつけ、それに恐怖した行政は解放同盟に屈しあらゆる優遇制度を与え続けてきたのである。

朝鮮人への優遇制度も、同和優遇制度も同じである。行政が暴力に屈し、差別解消の為の努力を放棄し、金で済まそうとした行政の怠慢の結果生まれた悪しき制度である。

朝鮮人や同和に対する優遇制度は、行政による真正日本人差別であり、憲法14条にある「法の下の平等」に反する行為である。朝鮮人差別があろうが部落差別があろうが、行政が被差別者を優遇し真正日本人を差別することは許される行為ではない。

また、現在政権を握っている民主党と法務省が結託して、多くの真性日本人から猛烈な反対の声が上がっているにも拘らず、『人権救済機関設置法案』を無理やりにでも押し通そうとしている。
これは「差別されている」とされる人々や、「差別され続けねばならない」人々にとってのみ有利な極めて危険な言論弾圧・思想弾圧法案であり、我々真性日本人はこの法案そのものと画策する勢力を徹底的に粉砕、根絶やしにするまで絶対に諦めない。

我々真正日本人は、行政による真正日本人差別を完全撤廃するまで、行政闘争を繰り広げ、断固闘い抜くことをここに宣言する。

平成24年6月23日
6・23 守ろう平和と人権 1億人アクション in おかやま 参加者一同
  1. 2012/07/12(木) 04:54:51|
  2. 表明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。