瀬戸内しおかぜの会

岡山という目立たない地味な片田舎で、地道でも人々の『心』に訴えて、一緒に考えてもらえる活動を目指します。

【重要】12月2日 倉敷での活動中止のお知らせ

12月2日(日)に計画しておりました倉敷での街宣活動は、
私の事務手続き上のミス及び諸般の事情により中止します。


予定をされていた方にはたいへん申し訳ございませんが、
この場をお借りして謹んでお詫び申し上げます。



なお、選挙の公示日まで残りも僅かです。
是非皆さんが、各自でできる範囲の活動を展開してください。

各家庭のポストにチラシを投函して歩くポスティングは
最も手軽で効果的な活動だと言われています。
他にも各政党・政治家の集会や講演会等に足を運んでみると、
今まで見えなかった事が鮮明に浮き彫りになるかもしれません。

自宅やネットの中だけでは見えない事、わからない事が『現場』には
山のように存在しています。

自分の支持する政党や候補者だけに限らず、むしろ敵対心や嫌悪感を
抱く対象が「何を言っているのか」や「どんな層が来ているのか」を
知るだけでも、この選挙戦に限らずこの先の闘いにおいて自分自身への
良い教材になるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 23:21:30|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自民党を応援します

私は自民党を応援します。




自民党が晴れて政権を奪還できても、それで我々の闘いが終わるわけではありません。
自民党内に蔓延るアカや特亜に媚びる国賊ども、利権屋であったり看板だけで存在する者、
自民党や安倍さんを妄信して現実が見えなくなってしまうカルトまがいの信者たち・・・。
そして、日本のマスコミの問題や、公明党をどう切り離すか・・・。

我々の闘いはこれからが本格化します。
民主党という、明らかな敵を倒しても、今後は『見えない敵』が相手です。
私は安倍自民党政権を応援する意味からも、必要とあれば抗議活動を行います。
たとえ「自民党を攻撃するから売国奴!」と叩かれようとも・・・。

日本の敵は日本人
  1. 2012/11/29(木) 23:18:12|
  2. 表明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【中止】12月2日 衆院選公示日直前街宣 『日本は良い国です 力を合わせて頑張ろう!』

事務手続き上のミス及び諸般の事情により、
計画しておりました倉敷駅での下記街宣活動は中止します。
予定をされていた方には、たいへん申し訳ございません。
この場をお借りしまして、謹んでお詫び申し上げます。



いよいよ我が国の運命を決めると言っても過言でない、政治決戦の時が目の前となりました。
最前線で政治をやるのは我々有権者が1票を投じて選んだ議員であるわけですが、その判断を
大きく誤った結果が民主党政権の3年間であるわけです。

その大きな過ちで誕生させてしまった民主党政権を、まずは我々国民の総力で葬り去りましょう。
そして、本当に祖国日本の事、国民の事を考えているのはどの政党か、いや、どの候補者なのか、
それは一人ひとりが冷静に“正しい判断”をやりましょう。

今回の街宣活動は民主党の糾弾ばかりでなく、少しでも『日本』について一緒に考えてもらったり、
素晴らしさをお互いに再認識したり、そして「正しい判断」をやってもらう為の呼び掛けです。
人によっては苛ついたり、参加しても物足りないでしょう。“満足感”もないかもしれません。
パソコンのモニターからは「つまらない映像」しか流れないでしょう。

少しだけ早く「気が付いた」人たちが、今すべき事はなんであるのか…。
全く政治に無関心な人たちに立ち止まってもらい、来月16日には「正しい判断」をやってもらい、
日本の未来を少しでも明るくする力になってもらうにはどうすべきか…。
自分が反対の立場であったら、頭ごなしに言われてどう捉えるのか…。
試行錯誤しながらやっていきます。



日 時:平成24年12月2日(日) 11:00〜13:00

場 所:JR倉敷駅北口前の広場(駅舎を背にして右側)

内 容:マイクを使っての呼び掛け・訴えと、状況によっては拉致の署名活動
    ※弁士を絶賛募集中です。倉敷で“マイクデビュー”してみませんか?

主 催:瀬戸内しおかぜの会 (代表 藤井和宏)
    TEL 090-8246-6094  MAIL setouchishiokaze@gmail.com

注意点:活動中は主催者や警察官等の指示に従ってください。
    国旗(日の丸限定)やプラカードの持ち込み大歓迎です。
    ただし、内容如何によっては掲出をお断りする場合があります。
    団体等の旗や幟の持ち込みは原則としてお断りします。
    通行人がドン引きするような発言や行動は現に慎んでください。

備 考:お手伝いをしてくださる場合は、10:30頃を目処に集合してください。
    雨天時は規模を縮小又は中止します。不明な場合は問い合わせてください。
    活動終了後、倉敷駅前の店で簡単な昼食会を開催します。
    飲食代は各自負担、完全自由参加です。
  1. 2012/11/21(水) 02:02:04|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【告知 】北朝鮮による拉致事件を許さないぞ!日本縦断デモ行進5連発

12月1日に当会主催のデモ行進を行いますが、今回は東京を皮切りに同じほぼテーマで
列島縦断のデモ行進が連続して行われます。
これは特別に相談をして企画したわけでなく、それぞれが自発的に、又は仲間の活動を
見て奮起して立ち上がった、自然発生的な流れでの活動です。

主催者は既存団体などでなく、各地で地道に活動を続けている個人や有志のグループです。
しかも、下記をご覧の通り、主催者は全員インターネット放送の発信者です。

■11/17(土)拉致被害者奪還デモ行進in秋葉原
【集合時間】14:30【出発時間】15:00
【集合場所】神田児童公園(東京都 千代田区 神田司町2-2)
【主催】優
【主催者公式サイト】 http://yuh20112525.kagennotuki.com/index.html
【主催者ニコ生コミュニティ】湘南純愛組 http://com.nicovideo.jp/community/co1130407

■11/24(土)ブルーリボンデモin金沢
  拉致被害者早期全員救出を願う国民大行進
【集合時間】13:00【出発時間】13:30
【集合場所】玉川公園(金沢市玉川町、玉川図書館裏)
【主催】行動する北陸 【Twitter】@hokuriku3ken
【主催者公式サイト】http://koudousuruhokuriku.seesaa.net/
【主催者ニコ生コミュニティ】行動する北陸 http://com.nicovideo.jp/community/co1555672

■12/1(土)守ろう 平和と人権 1億人アクション in おかやま PART2
拉致被害者早期全員救出 絶対死守“領土”と“主権” 祖国の未来の為に、ちばけた民主党とマスゴミを粉砕しよう!
【集合時間】13:00【出発時間】13:30
【集合場所】石山公園(岡山市民会館向かい)
【主催】瀬戸内しおかぜの会
【主催者公式サイト】 http://setouchishiokaze.blog.fc2.com/
【主催者ニコ生コミュニティ】瀬戸内ぶくぶくの会 http://com.nicovideo.jp/community/co1706168

■12/16(日)拉致被害者全救出デモin広島
【集合時間】13:30【出発時間】14:00
【集合場所】大手町第一公園(広島市中区大手町2丁目5)
【主催】広島県人零号 【Twitter】@kenjinzerogo
【主催者公式サイト】 http://hiroshimademo.blog.fc2.com/
【主催者ニコ生コミュニティ】SHS ~真広島放送~ http://com.nicovideo.jp/community/co1408213

■1/20(日)北朝鮮拉致被害者奪還デモin名古屋
【集合時間】未定【出発時間】未定
【集合場所】未定
【主催】幸希 【Twitter】@kouki0220
【主催者公式サイト】 http://blog.livedoor.jp/ratidemonagoya/
【主催者ニコ生コミュニティ】幸希の雑談詰所 http://com.nicovideo.jp/community/co1480269





拉致問題は10年間全く進展がないどころか、民主党政権になって拉致担当大臣が短期間で
8人目になり、そのほとんどが「なぜ、こいつが?」と言うしかない酷い人選続きです。
政治家の胸元に着けられたブルーリボンバッジは今やファッションと化していて、実際の
活動は全くやろうとさえしません。

また、この問題を日本の報道機関が大々的に取り扱うのは皆無に等しく、何かイベントが
行われた時などに、アリバイ程度に報道して終わりです。
しかも、その中身は薄っぺらで事件の本質までに触れようとはしません。

当会でも本年春より可能な限り街頭での署名活動を行い、11月3日の活動では日本会議岡山と
岡山県議会波多洋治議員の応援も得て、たいへん多くの方の署名が集まりました。
特に10〜30代の若者の協力や反応の良さは目を見張るものがあり、素直でピュアな気持ちで
この問題について考えてくれています。
とかく我が国の現状を憂いで暗くなってしまうのですが、現場で若者の行動や表情を見ていると、
彼らの存在はそんな中にも一筋の明るい希望の光であると私は思っています。

今回の一連の活動が、少しでも日本人の心に届き、そして拉致被害者早期救出に向けて世論が
大きく動き出す機運醸成の一助となれば幸いです。

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/11/13(火) 01:41:49|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0