瀬戸内しおかぜの会

岡山という目立たない地味な片田舎で、地道でも人々の『心』に訴えて、一緒に考えてもらえる活動を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

文句があれば直接どうぞ

私はハッキリ言って“変人”です。

これは今後も変わらないだろうし、今さら改めるのも不可能です。

“変人”でなければ無名なオッサンが1人で街頭に立ったり、敵対勢力の
中へ入ったりするなどできません(笑)

自分の名刺を配ったりするなど、“保守派”や“愛国者”の方々からすれば
常軌を逸した危険な行動かもしれません。
でも、残念ながら攻撃もされずに無事に生きておりますがね。

警察から危険人物扱いされて、当時政権与党であった民主党の集会会場前で
警察官に取り囲まれたりなど、尋常な精神ではできません。

文句や言いたい事ががあれば、直接私へどうぞ。
メールアドレスや電話番号はちゃんと公開しています。

念の為、ここにも改めて公開します。
電話 090-8246-6094(非通知着信拒否)
メール setouchishiokaze@gmail.com

他団体の人に言ったところで何も解決しませんし、その人は私の代弁などできません。
何故なら、私とは考え方も行動パターンも全く真逆なのですから当然です。

私は自分の考えを会った人には機会がある限り言っているし、Facebookやmy日本でも
常々表明しています。
その上で申しますが、「藤井は大丈夫か?」とか「火病ってる」などと言うのは勝手です。

では「あなたは、どうなのですか?」とお尋ねしたいですね。
まさか、どこにも自分の意見は出さずに、コソコソと人の批判だけをやるのですか?

旗を振る人が気に入らないから活動に参加しないとかであれば、その人たちの信念や覚悟は
どうなんでしょうか?
私が気に入らねば、私を批判する人が代わりに自分たちで理想とする活動をやれば良いのです。
自分たちにできねば、他の団体(グループ)へお願いしてやっていけば良いのです。
それもできない、やろうとしないのでしょうか?

巣の中で口を開けてエサを待ち続ける雛鳥でもなかろうに、しかもエサが口に合わないからと
避けていたのでは、やがては“餓死”があるのみです。

私はこれからも火病り続けます。
“変人”をやめる事もないでしょう。

笑いたい奴は笑えばいい。
それで祖国が救われるのであれば…。

瀬戸内しおかぜの会 藤井和宏
※これは本名です。通名やペンネームではありません。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/20(火) 23:50:09|
  2. 表明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【中止】8月23日(中止)・30日 倉敷で平日夕方の街宣活動

今月は平日夕方の街宣活動を行っております。
仕事帰りに、また夕涼みがてらに、どうぞお気軽にご参加ください。

【おことわり】
23日の活動は、主催者都合により中止します。
山口県萩市の災害ボランティアに参加する為、現地に前泊するのが理由です。
誠に勝手ではございますが、何卒ご容赦願います。

30日の活動は、悪天候のため中止します。




日  時:平成25年8月23日(金)及び30日(金) 18:00〜19:00
     ※開始と終了が多少前後するかもしれません。

場  所:倉敷駅北口広場(駅舎を背にして右側)

備  考:雨天時は規模を縮小又は中止します。
     配布するチラシは主催者で用意します。
     活動中は主催者の指示に従ってください。
     妨害や挑発等は無視してください。

主  催:瀬戸内しおかぜの会(代表 藤井和宏)
     TEL 090-8246-6094
     Mail setouchishiokaze@gmail.com
     お問い合わせは上記までお気軽にどうぞ。


見学大歓迎です。まずは遠目からでもご自身の目でご覧ください。
その上で、できそうと思ったら気軽に参加してください。
  1. 2013/08/17(土) 06:22:00|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【告知】8月16日 倉敷で街宣活動

下記の通り、倉敷で街宣活動を行ないます。
今月は私の都合もあり、平日夕方の活動となります。
仕事帰りにでも、どうぞお気軽にご参加ください。


日  時:平成25年8月16日(金) 18:00〜19:00
     ※開始と終了が多少前後するかもしれません。

場  所:倉敷駅北口広場(駅舎を背にして右側)

備  考:雨天時は中止します。
     配布するチラシは主催者で用意します。
     活動中は主催者の指示に従ってください。
     妨害や挑発等は無視してください。

主  催:瀬戸内しおかぜの会(代表 藤井和宏)
     TEL 090-8246-6094
     Mail setouchishiokaze@gmail.com
     お問い合わせは上記までお気軽にどうぞ。


見学大歓迎です。まずは遠目からでもご自身の目でご覧ください。
その上で、できそうと思ったら気軽に参加してください。
  1. 2013/08/13(火) 18:57:32|
  2. 挨拶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【告知】8月8日・9日 岡山と倉敷で街宣活動

下記の通り、岡山と倉敷で街宣活動を行ないます。
今月は私の都合もあり、平日夕方の活動となります。
仕事帰りにでも、どうぞお気軽にご参加ください。


日  時:平成25年8月8日(木) 18:00〜19:00
場  所:岡山駅前(ビックカメラ岡山駅前店前)

日  時:平成25年8月9日(木) 17:30〜19:00
場  所:倉敷駅北口広場(駅舎を背にして右側)

備  考:雨天時は中止します。
     配布するチラシは主催者で用意します。
     活動中は主催者の指示に従ってください。
     妨害や挑発等は無視してください。

主  催:瀬戸内しおかぜの会(代表 藤井和宏)
     TEL 090-8246-6094
     Mail setouchishiokaze@gmail.com
     お問い合わせは上記までお気軽にどうぞ。


見学大歓迎です。まずは遠目からでもご自身の目でご覧ください。
その上で、できそうと思ったら気軽に参加してください。
  1. 2013/08/05(月) 20:03:21|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【告知】9月14日 私たちの憲法を考えるシンポジウム 櫻井よしこが語る今こそ日本のための憲法を!

日本の在るべき姿について考えるとき、日本国憲法の問題は避けて通ることができません。
世論調査でも「改憲」を支持する国民も過半数を超え、国会においても憲法改正を掲げる政党が
3分の2を占めようとしています。
今の日本が直面している危機を打破し、希望ある未来を切開くために、我々国民一人ひとりが、
いかに考え行動すべきなのでしょうか。
櫻井よしこ氏の講演を通じて誇りある国づくりとは何か、日本の進路はいかにあるべきかについて
ともに考える機会を得たいと存じます。
お誘い合わせの上、多くの皆様のご参集をお願い申し上げます。

20130914_A.jpg

20130914_B.jpg


■日時 平成25年9月14日(土)
    開場13:00 シンポジウム13:30〜15:30

■会場 岡山市民会館(岡山市北区丸の内2-1-1 TEL 086-223-2165)
    岡山駅東口から約1km、徒歩約15分。
    路面電車「東山行き」に乗車、3つ目の「城下(しろした)」で下車。
    運賃は大人100円、子供50円。電停から徒歩3分。
    会場に専用駐車場はございませんので、最寄りの有料駐車場をご利用ください。

■参加費 一般1,500円 大学生以下1,000円(当日 一般1,800円 大学生以下1,300円)

■チケット取扱
実行委員会事務局/ローソン全店(Lコード 65156)※1枚につき発行手数料105円が必要
ぎんざや/天満屋プレイガイド/岡山市民会館

■開会セレモニー 13:30〜13:45

■講演      13:45〜15:15
講師/櫻井よしこ氏
プロフィール:ジャーナリスト、国家基本問題研究所理事長。
国防、外交、憲法、教育、経済など幅広いテーマに関して日本の長期戦略の構築に挑んでいる。
ベトナム生まれ。新潟県立長岡高等学校卒業。ハワイ大学歴史学部卒業。
1971−1974 クリスチャンサイエンスモニター紙 東京支局勤務。
1975−1977 アジア新聞財団 DEPTH(デプス)NEWS記者。
1978−1982 アジア新聞財団 DEPTH(デプス)NEWS東京支局長。
1980−1998 NTVニュースキャスター
1980−現在 ジャーナリスト。
2008−現在 財団法人 国家基本問題研究所 理事長。

■受賞
1994年度 SJ賞(女性放送者懇談会賞)受賞
1995年  第26回大宅壮一ノンフィクション賞 受賞
1998年  第46回菊池寛賞 受賞
2010年  第26回正論大賞 受賞

■最近の著書
『日本人の魂と新島八重』(小学館)
『中国に立ち向かう覚悟 日本の未来を拓く地政学』(小学館)
『甦れ、日本−論戦2012』(ダイヤモンド社)
『日本の試練』(新潮社)
『中国はなぜ「軍拡」「膨張」「恫喝」をやめないのか:その侵略的構造を解明する』(文藝春秋)
『日本とインド いま結ばれる民主主義国家:中国「封じ込め」は可能か』(文藝春秋)
ほか多数

■私たちの憲法を考えるシンポジウム実行委員会事務局
〒700-0818 岡山県岡山市北区蕃山町4-5 日本会議岡山内
電話 086-234-7200 FAX 086-234-7201
URL http://www.nipponkaigi-okayama.jp/
Eメール hinomaru@nipponkaigi-okayama.jp


【参考】5月3日に広島県広島市の繁華街で行われた街頭アンケートの様子の記録。
  1. 2013/08/03(土) 03:32:07|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【告知】8月17日・18日 捏造! 従軍慰安婦展 IN 高松

捏造! 従軍慰安婦展 IN 高松
−強制連行は嘘だった−      入場無料


従軍慰安婦は捏造なのか?
捏造なのかメディアでも騒がれる昨今となりました。
始まりは何だったのか?
そして韓国の主張は真実なのか?
じっくり考えることは少ないと思います。
そのような方こそ是非当展示会で真実を見つけてください。


開催日 平成25年8月17日(土)・18日(日) 

展示会 17日 11:00〜18:00 18日 9:00〜17:00
会 場 高松市サンポートホール1階 市民ギャラリー 

講演会 18日 16:00〜17:00
会 場 高松市サンポートホール第54会議室
演 題 「先人の濡れ衣を晴らしましょう」
講 師 荒川区議会議員 小坂英二氏

主 催 日系文化振興会 頑張れ日本!全国行動委員会香川県本部
協 賛 新しい歴史教科書を作る会(東京支部)
    阿波ビジョンの会 讃岐ビジョンの会
    瀬戸内しおかぜの会 正しい歴史伝える会
    なでしこアクション 日本会議香川県本部
    my日本中国四国連合 my日本香川 学ぶ会
    日本青年協議会香川支部
    公益財団法人新教育者連盟香川支部


201308従軍慰安婦(高松)表


201308従軍慰安婦(高松)裏
  1. 2013/08/03(土) 02:58:41|
  2. 挨拶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。