瀬戸内しおかぜの会

岡山という目立たない地味な片田舎で、地道でも人々の『心』に訴えて、一緒に考えてもらえる活動を目指します。

11月29日【山口・岩国】特定失踪者中国地区大会・in 岩国集会

今まで周知されてこなかったから知らない人が多い、特定失踪者の問題を風化させない為に、
民間や行政等が一体となって声を大きくしていく必要性があります。
この度、中国地方で拉致や特定失踪者の問題に取り組んでいる人達が結集し、中国地方全体
として初めての特定失踪者問題の集会を行います。
特定失踪者家族からの訴えの他、元北朝鮮工作員の証言や脱北日本人妻の訴え等、たいへん
興味深い内容となっています。
また、特定失踪者問題調査会荒木和博代表の講演もあります。

岡山からはいささか遠いかもしれませんが、もっと遠い場所で助けを待ち続ける人達の事を思えば、
物理的な距離も、時間的な距離も、そして精神的な距離も、“ご近所”くらいではないでしょうか?
是非お誘い合わせの上、ご参加をお願い致します。
また、岩国市や近隣にお住まいの方へ、ご案内くださいますと幸いです。


日時:平成27年11月29日(日) 12:30〜15:30

会場:岩国市民会館多目的ホール(山口県岩国市)
   岩国駅から約1km

主催:特定失踪者中国地区大会・in 岩国実行委員会

後援:山口県、岩国市、光市、宇部市、美祢市
   島根県、江津市、益田市
   鳥取県、岡山県、広島県 (順不同)

参加費:無料

お問い合わせ:加治(090−3377−0980)
スポンサーサイト
  1. 2015/11/29(日) 16:00:00|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月23日【倉敷】拉致被害者早期全員救出署名活動

11月の街頭署名活動を下記のとおり実施致します。
当日は新嘗祭の神事や行事等で何かとご多忙かと存じますが、拉致問題及び特定失踪者問題を早期に解決するよう安倍政権へ対して強い圧力と意思を示す為にも、皆さんのお力添えをよろしくお願い致します。


日時:平成27年11月23日(月)・祝 15:00〜17:00

場所:倉敷駅北口2階広場

備考:活動中は主催者の指示に従ってください。
   チラシと署名用紙は当方で用意します。
   現場は吹きさらしで寒いと思います。各自で防寒対策をお願い致します。
   途中参加や途中抜け、休憩は自由になさってください。
   雨天時は中止します。
   ネットでの公開を目的とした動画撮影及びニコ生での中継は行いません。
   ただし、記録と保安用の動画撮影は行います。

主催:瀬戸内しおかぜの会 (代表:藤井和宏)
   TEL 090-8246-6094
   MAIL setouchishiokaze@gmail.com
   Facebook https://www.facebook.com/setoshio
  1. 2015/11/04(水) 21:01:54|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月31日の活動について、ご報告とお詫び

【ご報告とお詫び】

10月31日(土)、15:00〜16:00の60分間、ビックカメラ岡山駅前店前にて拉致被害者早期全員奪還を
求める街頭署名活動を行いました。
私を含め総勢5名による活動で、総計81筆の署名を頂戴する事ができました。
いつもながらに若い人達の協力が多く、また中高年世代の方々も立ち止まり、拉致被害者全員奪還を
求める署名に協力してくださいました。
私達の行う署名活動で直ちに拉致被害者の奪還が実現するわけではありませんが、多くの国民の意思が
安倍政権を後押しする原動力になるのは間違いなく、一刻も早く「最優先課題」に対して有言実行して
もらわねばなりません。
引き続き当会主催の活動を継続して展開するのは言うまでもなく、他団体等との連携も行ってまいります。

なお、今回の活動におきまして、近くで某政党の方が街宣車を用いて街頭演説を行っておられましたが、途中から
明らかに音量が大きくなってまいりました。
別に手前どもへの妨害を目的としたわけではなく、ご自身の訴えを行う中でつい熱くなってしまわれたものと
推察します。私自身もやってしまう過ちであり、終わってから反省する事が少なくありません。
しかしながら、その熱弁に引っ張られるように私も地声を張り上げてしまい、ご通行中の方々や近隣でお仕事を
される方々にとっては騒音でしかない状況を作ってしまいました。

先方は街宣車に搭載した複数の拡声器でやっておられるのに対し、当方は片手でも持てる程度の拡声器1台ですから、
張り合ったところで無駄な労力でしかありません。ご通行中や近隣でご商売をされる方々からすれば「力んで叫ぶ
迷惑なオッサン」でしかないわけで、実際に耳を塞がれたり怪訝そうな表情の方が多くおられました。
その政党は常々「争い事は避け話し合いで」と訴えておられもしますので、私もその政党の主張に従い先方の責任者に
話し合いを申し出ておけば、無関係な方々にご迷惑をおかけする事もなかったのだろうと反省しています。
「拉致被害者奪還に力を貸してください!」という純粋な呼びかけを行うはずが、自分の未熟さと愚かさにより
多くの方にご迷惑をおかけし、また、我々から遠退けてしまったのは不徳の致すところです。

今回の署名活動の現場周辺でご迷惑をおかけした皆様に、この場をお借りして謹んでお詫び申し上げます。
今後は今回の失敗を教訓とし、周りの雑音など気にせず冷静に粛々と丁寧な呼びかけと訴えを行ってまいる所存です。

平成27年11月1日
瀬戸内しおかぜの会
代表 藤井和宏拝
  1. 2015/11/01(日) 01:40:13|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0