瀬戸内しおかぜの会

岡山という目立たない地味な片田舎で、地道でも人々の『心』に訴えて、一緒に考えてもらえる活動を目指します。

3月24日 活動報告

3月24日(日)、岡山市にて拉致被害者早期救出の署名活動を実施しました。
http://setouchishiokaze.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

14:00〜15:00の1時間、署名の呼び掛けと並行してチラシ配布も行い、
多くの方がチラシを手に取ってくださいました。
署名への反応が厳しいのは相変わらずですが、それでも参加者の真剣な
呼び掛けに立ち止まったり、チラシをご覧になった方がわざわざ戻って
来られて署名してくださるなど、意外と手応えもあったように思います。

今回の活動でお寄せ戴いた署名は36筆でした。
これは『救う会全国協議会』へ郵送致します。
署名にご協力くださいました皆様、誠にありがとうございました。

活動中、特筆すべき事がありました。
一人の中学生の女の子が参加者と拉致問題について真剣に話し込んでいて、
とても真面目にこの問題に向き合っているようでした。
署名に協力してくれる若い子が目立つのは前から感じていましたが、今日の
活動で若い子たちの“目醒め”はとても純粋かつ正直で、そして真の『正義感』
が沸き上がっていると確信します。

マスコミや学校教育でいくら嘘と捏造、偏った情報を垂れ流そうが、もはや
それらは無力化が進む一方であり、私たち大人が想像する以上に子供たちが
自ら正しい道を歩もうとしているのかもしれません。
「暗い中にも一筋の明るい希望の光」・・・青山繁晴さんのパクリで恐縮ですが、
街頭での署名活動を行っている中で、それを改めて実感しています。

なお、今回の参加者は、私以外に総勢8名でした。
遠くは富山県から真夜中に車を走らせて来てくれた仲間や、御年85歳でありながら
まだまだ現役の頑張れ日本!全国行動委員会岡山会長西川晃男様、いつも私の活動に
ご協力くださる吉備中央町議石井雅之様の他、岡山在住の10代〜30代までの青少年が
一緒に声を出し汗を流してくれました。ありがとうございました。

今後も地味ではありますが、一人でも多くの皆さんに拉致問題に関心を持ってもらい、
自らが問題の本質を考えて、そして私たちの戦力として一緒に行動してもらえるよう、
粘り強く地道に活動を展開してまいります。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/25(月) 01:52:36|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【告知】4月14日 拉致被害者早期救出署名活動 | ホーム | 【告知】松山市と岡山市で拉致問題の写真展開催>>

コメント

お疲れ様でした

こういった地道な活動が実を結ぶことを願ってやみません。
  1. 2013/03/25(月) 23:40:14 |
  2. URL |
  3. 柑子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした

> こういった地道な活動が実を結ぶことを願ってやみません。

誠にありがとうございます。
通行人の方々の反応は確実に変わってきており、今後も地道に
丁寧な訴えと活動を展開してまいります。

一刻も早くご家族の元へ全員が戻れるよう、全国各地で頑張りましょう。
  1. 2013/03/28(木) 22:59:43 |
  2. URL |
  3. 瀬戸内しおかぜの会 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://setouchishiokaze.blog.fc2.com/tb.php/55-6174bc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)