瀬戸内しおかぜの会

岡山という目立たない地味な片田舎で、地道でも人々の『心』に訴えて、一緒に考えてもらえる活動を目指します。

【活動報告】8月8日、拉致被害者早期全員奪還を政府に強く求める街頭署名活動

8月8日(土)、イオンモール岡山近くで、拉致被害者早期奪還を強く求める街頭署名活動を行いました。

大阪から仲間が駆け付けてくれ、また次世代の党千田まさひろさんも多忙の中を応援に馳せ参じてくれました。

約1時間半程の活動で、19筆の署名を頂戴できました。
ご協力くださいました方々へ、この場にて厚く御礼を申し上げます。

また、今回は山陽放送さんが取材に来てくださり、当日21:54のニュースで報道されました。
山陽放送が受信可能エリアの方であれば、ご覧になられた方も少なくなかったかと思われます。

来月の活動は未定ですが、仲間と力を合わせて継続してまいります。
  1. 2015/08/11(火) 22:41:42|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【活動報告】7月19日 署名活動

筆不精故にブログでの活動報告が疎かになっておりますが、よろしければお目通しください。

たいへん遅くなりましたが、去る7月19日(日)に倉敷駅南口広場において、拉致被害者の早期全員奪還を
政府に要求する街頭署名活動を行いました。
赤磐市議会議員佐々木ゆうじさんをはじめ、他団体の皆さんの協力も得まして総勢10名で駅前を行き交う
人々に「拉致被害者を早く救出できるよう政府に求めてまいりましょう!」と呼びかけ、2時間の活動で
166筆の協力を頂戴できました。
また、予定外ではありますが14日(火)は私だけで、18日(土)は次世代の党千田まさひろさんといつもの
同志3名で、同じく倉敷駅南口において署名活動を実施したところ、14日は16筆、18日は68筆の協力を
頂戴できました。

いずれの日もテーブルに署名用紙を置くと同時に協力してくださる方がおられ、多くの方の根底には
「早く拉致被害者救出を!」という願いを抱いておられ、協力くださる方は署名に躊躇されないようです。

また、一般的にはあまり政治には関心がないと言われる若い世代の協力が顕著になってきているように思います。
これは以前からそうですが、特に中高生にとって「13歳の女の子が誘拐されて37年以上帰国できていない」
という事実が衝撃的であるようです。小さなお子さんを連れた家族連れの皆さんも「我が子(孫)が、もし…」
という思いで共感されて真剣な眼差しで署名してくださいます。

広島在住とおっしゃるご夫婦は「めぐみさんは息子とほとんど同い年だし、横田さんは広島にお住まいだったから
他人事とは思えない」と、目に涙を浮かべながら署名に協力してくださり、活動に対する励ましのお言葉を頂戴しました。
他に、ご高齢の方からは募金のお申し出が目立ち、当会では募金活動を行っておりませんので署名用紙をお渡しして、
そちらへ記載されている口座への入金をご案内しています。

昨今の安全保障の議論の過程においても、また過去の数々の選挙においても残念ながら拉致被害者救出が表に出る事はなく、
どこか忘れ去られたような形になっている拉致被害者及び特定失踪者の問題は、くだらない足の引っ張り合いをやっている
暇はなく超党派で「日本国民を一刻も早く全員救出する!」と団結して行動してもらわねばなりません。
北朝鮮と親しい政党や朝鮮総連との仲の良さをツイッターで自慢する政治家の皆さんには、是非その素晴らしいパイプを
拉致被害者奪還の為に活用してもらいたく思う次第です。
それができない(やるつもりがない)なら、自分が気に入らない事に対してやれ差別だヘイトスピーチがどうのこうのと
喚き散らしたり圧力をかけて悦に入らずに、せめて黙っておいてもらいたいのが正直なところです。

当会としましては、今後も可能な限り有志と共に街頭に立ちまして訴えを続けると同時に、大した力はありませんが
ダメ元で自治体や政治家の皆さんへの働きかけを行ってまいります。

これをご覧になっている皆さんには、どうぞ皆さんの地元やお出かけになる先々で同様の活動を見かけられました際に、
お力添えをよろしくお願い致します。
各地で活動を行っている人たちは私の知り合いもいれば、全く面識のない人もたくさんいますが、離れている場所であろうが
活動方法や表現が多少違えども『拉致被害者早期全員奪還!』という思いであるのは同じです。

長くなりましたが、最後に『北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会全国協議会)』のサイト内の
「あなたにもできること」を紹介致します。
http://www.sukuukai.jp/index.php?itemid=1126
街頭活動ばかりが全てではありません。一人ひとりにできることを地道に積み重ねていき、北朝鮮に捕らわれたままの人たちが
早く帰国できるように力を合わせて頑張りましょう!

末筆になりますが、乱文をお詫び申し上げます。
  1. 2015/07/30(木) 03:27:59|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お詫び

本日(3月15日)、岡山市にて実施予定にしておりました
諸悪の根源『河野談話』撤回要求の署名活動は、
私事での急用により実施できませんでした。

事前に中止の連絡や告知を行う事もできず、貴重な時間を割いて
現地へ足を運んでくださった方々や、またインターネット中継の
広告に出資してくださった方々に、多大なるご迷惑をおかけする
結果となってしまいました。

ご迷惑をおかけした方々、ご期待や応援してくださった方々に、
謹んでお詫び申し上げます。

                    平成26年3月15日
                    瀬戸内しおかぜの会
                    代表 藤井和宏拝
  1. 2014/03/15(土) 22:14:21|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【活動報告】4月14日・21日 拉致被害者早期救出署名活動

4月14日と21日に実施した署名活動の報告です。


14日は岡山駅前のビックカメラ前で行いました。
http://setouchishiokaze.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

参加者は私の他に1名で、いささか寂しかったのは否めなかったのが正直な気持ちですが、
数を競っているわけでもないので粛々と活動を実施しました。

開始早々に自転車に乗った若い女の子(高校生くらい?)が立ち止まってくれ、趣旨を説明
すると躊躇わずに協力してくれました。
他にも小さな子供を連れた若い父親が戻って来て協力してくれたり、「頑張ってください」
と声をかけてくださった方も少なくなかったです。

署名こそされませんでしたが、私が「オッサンやオバハンが作ってしまった今の日本云々」
と言っていると、60代と思しき男性のグループの中の1人が立ち止まって「その通りだ」と
言ってくださいました。

岡山駅前はマイクが1時間しか使えず、その時点で今日の活動を終了しました。
集まった署名は12筆で、5分に1人が協力してくださった計算です。


21日は倉敷駅北口で実施しました。
http://setouchishiokaze.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

当初心配された天気も朝から晴れて、絶好の活動日和となりました。
これも天が味方をしてくれと、勝手に良いように解釈しておきます。

今回は県の内外から総勢5名の方が参加してくれ、遠くは愛知県から今回の活動の為に、
日帰りで車で参加してくれた方がおられます。
ただただ頭が下がる思いであり、感謝申し上げます。

天気は回復すれど吹く風が冷たく、また強めの風の中、参加者の皆さんは通行人へ丁寧に
チラシを配ったり署名の呼びかけを行いました。
従来は2階の広場だけで実施していましたが、今回は試験的に1階のバス乗り場で署名を
お願いしてみました。
1階を担当した人の話しによれば、やはり若い子が多く、集中して協力してくれた由。

今回もそうですが、開始早々に高校生のグループが自ら率先して署名に協力してくれたり、
私たちの話しに真剣に聞き入ってくれたりと、子供たちのピュアで澱みのない正義感からか
何事にも真剣味が感じられました。

署名を書いてもらう中で聞いてみると、学校で拉致問題について教わったり話題になる事は
全くないそうです。
子供たちにその場で授業をやるわけにもいかないので、手短に拉致事件について説明すると
どの子も一様に驚いた表情をします。

学校で教わらないのは自分自身を振り返ってみれば当然であろうと思うし、一方的に学校や
教師だけを責める事はできません。
私たち日本人の多くが、そういった問題についての概念を持ち合わせないのが現状ですから…。
チラシを受け取ってくれた子供たちには「是非学校で先生と一緒に考えてほしい」とお願いし、
その先は子供や学校にお任せするしかないと思っています。

21日は2時間の活動で、30筆の署名が集まりました。


署名の数だけで見れば小さな結果かもしれませんが、数を競ってやっているわけでもなく、
1人でも多くの人が拉致問題に関心を持ち、一緒に考えてくれるようになるのが理想です。
今後も『継続は力なり』という事で、岡山や倉敷を中心に活動を展開します。

一日も早く、北朝鮮という瓦礫の下から全員を救い出せるよう、皆さんと一緒に頑張ります!
  1. 2013/04/22(月) 00:58:12|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月24日 活動報告

3月24日(日)、岡山市にて拉致被害者早期救出の署名活動を実施しました。
http://setouchishiokaze.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

14:00〜15:00の1時間、署名の呼び掛けと並行してチラシ配布も行い、
多くの方がチラシを手に取ってくださいました。
署名への反応が厳しいのは相変わらずですが、それでも参加者の真剣な
呼び掛けに立ち止まったり、チラシをご覧になった方がわざわざ戻って
来られて署名してくださるなど、意外と手応えもあったように思います。

今回の活動でお寄せ戴いた署名は36筆でした。
これは『救う会全国協議会』へ郵送致します。
署名にご協力くださいました皆様、誠にありがとうございました。

活動中、特筆すべき事がありました。
一人の中学生の女の子が参加者と拉致問題について真剣に話し込んでいて、
とても真面目にこの問題に向き合っているようでした。
署名に協力してくれる若い子が目立つのは前から感じていましたが、今日の
活動で若い子たちの“目醒め”はとても純粋かつ正直で、そして真の『正義感』
が沸き上がっていると確信します。

マスコミや学校教育でいくら嘘と捏造、偏った情報を垂れ流そうが、もはや
それらは無力化が進む一方であり、私たち大人が想像する以上に子供たちが
自ら正しい道を歩もうとしているのかもしれません。
「暗い中にも一筋の明るい希望の光」・・・青山繁晴さんのパクリで恐縮ですが、
街頭での署名活動を行っている中で、それを改めて実感しています。

なお、今回の参加者は、私以外に総勢8名でした。
遠くは富山県から真夜中に車を走らせて来てくれた仲間や、御年85歳でありながら
まだまだ現役の頑張れ日本!全国行動委員会岡山会長西川晃男様、いつも私の活動に
ご協力くださる吉備中央町議石井雅之様の他、岡山在住の10代〜30代までの青少年が
一緒に声を出し汗を流してくれました。ありがとうございました。

今後も地味ではありますが、一人でも多くの皆さんに拉致問題に関心を持ってもらい、
自らが問題の本質を考えて、そして私たちの戦力として一緒に行動してもらえるよう、
粘り強く地道に活動を展開してまいります。
  1. 2013/03/25(月) 01:52:36|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ